毛穴をレーザーでまっさら除去!接近戦にも自信が持てる

美容皮膚科での治療

美容整形

目の周りのケア

目の周り皮膚はとても薄いため、自分でケアをする場合は注意深くする必要があります。目の下のクマを取ろうと思ってリンパマッサージをしたりすると、たるみの原因になってしまうことがあります。マッサージをする場合はアイクリームを塗って優しくするのがポイントです。効果的に目のクマを薄くできるのが美容皮膚科でのレーザー治療です。レーザートーニングは、「茶クマ」といわれている、色素沈着によってできたクマに効果があります。クマの部分にレーザーを照射すると、クマの原因となっているメラニン色素が排出されます。レーザートーニングは、クマの改善だけではなく、肝斑やそばかすの改善にも有効です。また、肌全体をきれいにする働きもあります。

治療を受けるにあたって

レーザートーングは肝斑治療にも用いられている最新治療マシンです。医療機器なので、エステサロンではなく、医師がいる医療機関のみで受けることができます。レーザートーニングを導入している美容皮膚科クリニックは沢山あります。皮膚科の医師が肝斑やクマの種類に応じて設定を変えながら照射して解消してくれます。最後に「エレクトロポレーション」を行い、ビタミンC誘導体やトラネキサム酸を肌に導入して、美白やコラーゲンアップを目指します。濃いクマの場合は施術後に赤みが出ることがありますが、すぐ化粧することができるので、コンシーラーでカバーできます。一週間に1回のペースでレーザートーニングをするとしっかり効果が出ます。